2016/05/30 15:43:30 |

薬剤師は医師の指示にしたがって薬を調剤することだけではなく利用者の要望に応えられるように対応することが求められるため、積極的にコミュニケーションをすることが必要です。就職は給料が安定するため応募者が比較的多く、履歴書や職務経歴書の作成方法を確かめて対策をすることが求められます。就職は社員として勤務することが多く、需要に応じて職場が変わる可能性があるため臨機応変に対処できるように今後の対策を決める方法が望ましいです。
薬剤師は求人サイトなどを使って仕事を検索することが多く、非公開の情報もあるために適性を確かめて決めるきっかけにすると今後の人生につながります。就職は今後の人生につながるように適性を確かめて決め、人と接することで新たなきっかけになるようにすると効果的です。正社員として働く場合は責任者として指示できる能力が求められ、幅広い業務をこなせるようにすることだけではなくコミュニケーションを積極的にして最適な状況判断ができるようにすることが求められます。
薬剤師として就職をするために必要なことは今後の高齢化に応じて需要が高まるため様々な業務をこなせるようにすることを心がけ、信頼関係を築けるように仕事に取り組むことです。初めて仕事をする時は様々なことで不安を感じやすいため、安心して働ける環境を作る必要があります。就職は責任者としての自覚を持って考えることを意識し、やりがいを感じて働けるようにする方法が望ましいです。

2016/05/26 15:00:26 |

薬剤師と言えばなんとなく「処方箋を持っていくと調剤して、お薬の説明をしてくれる人」と思っていませんか?実は薬剤師が働く場所は薬局だけではないのです。今回は調剤薬局の薬剤師は何をしているのかについてまとめてみました。薬局といえどもたくさん種類がありますが、ここでは病院からの院外処方せんを主に取り扱う所を指します。薬剤師はただ薬を取り揃えて袋に入れていると思っていませんか?実はそれだけでありません。まず、処方せんについて間違った内容でないかを確認します。薬の名前は間違っていないか、あまりにも多い量の薬を処方されていないか、一緒に飲むことによって悪い副作用が出る可能性はないかなど、患者の年齢や診療科などをヒントに情報を読み取っていきます。また、処方せんでは何の間違いが無くとも、ほかの病院で処方されて飲んでいる薬との飲み合わせで副作用が出てしまうこともあるのです。その事を防ぐために「お薬手帳」があり、薬剤師が患者さんの飲んでいる全ての薬を把握することで、副作用というデメリットをなくすことがてきます。ですので、自分のためにもお薬手帳は忘れずに持って行って下さいね。そして、処方せんの内容に「おかしいな?」と思うところがあれば医師に対して「疑義照会」をします。たいていは電話で医師と相談し、間違っていたのならその部分の訂正をしたり代わりの薬に変更したりします。薬剤師は法律で勝手に薬を変えることは禁じられています。ですので、必ず医師の了承をとらなければなりません。その後、やっと調剤にとりかかります。錠剤なら数を数えて取り揃えますが、粉薬などはものによって混合したり、飲みやすいように「乳糖」と言う甘い粉で増量するのですが、その計算などもします。軟膏などは二種類、三種類を混ぜています。どちらも全自動の機械がありますが、薬局ではまだまだ手作業で混ぜているところが多いのではないのでしょうか。
そして、異物混入や数の確認をした後患者さんにお渡しするのです。患者さんには「服薬指導」として、薬を飲む点の注意点や説明をし、終了となります。
どうでしょうか?薬局の薬剤師さんはこれ以外にも、薬の在庫管理をしたり、一部の薬局では在宅医療にも携わっているところもあります。薬に関しての悩みや辛いこと、医者の先生には言えないこと、何でもいいのでぜひ薬剤師に相談してみてください!力になってくれますよ!

2016/05/23 18:19:23 | maps

現在では薬剤師の雇用が積極的に展開されるようになってきていると考えられています。多くの医療関連の現場や薬局などにおいて、薬剤師の資格を有する人が必要とされる傾向が強くなってきており、このようにして活発な雇用が実践されているのではないかと思います。薬剤師の仕事をしようとする人も多い状態にあるとされていることから、雇用に関する面で動向が活性化されることにも関与しているのではないでしょうか。
多くの地域でこの傾向が顕著なものとして見受けられるようになりつつあるものの、特に薬局の数の多い都市圏では顕著に見受けられる傾向となっています。薬剤師がこのようなエリアで働くことを希望するようになりつつあるため、注目の度合いが増しています。また、年々薬剤師の雇用に関する情勢が良くなっていると考えられており、積極的な雇用という動向が密接に関与していると言えるのではないでしょうか。
今後も薬剤師の雇用に関する動きは、一層積極的なものとして見受けられていくのではないかと予測されています。薬剤師を必要とする場所が多くなるところが多くなるとも見込まれていることから、医療関連の業界では高い関心が示されるのではないかとみられています。薬剤師の人材が不足している現場においては、とりわけ積極的な薬剤師の雇用が進められていくと考えられています。そのため、このような傾向に拍車が掛けられるようにもなっていくのではないかと思います。